会社を辞めたら損害賠償の訴訟起こすって言われた…コレマジ?

「会社辞めたいんですケド…」
「お前ふざけんな!辞めたら、損害賠償で訴えてやるからな!辞めさせねーぞ!」

 

いやいや、会社やめるのは社員の権利でしょ。
そんな脅しをしてくるなんて、とんだブラック企業だな!

 

…と思ったのですが、一応調べてみました。

 

そうしたら、衝撃の事実。

 

場合によっては、損害賠償で訴えられて、裁判で負けるケースもある
というんです。

 

ケイズインターナショナル事件の事例があります。

 

 

この裁判では、退職した社員が、70万円の賠償額を支払うよう判決が出ています。

 

どういう流れかというと…?

 

  • 社員が、入社後4日目に、病気を理由に欠勤し、辞職した
  • その結果、顧客との契約が解除された
  • 利益1,000万円を失ったため、会社は社員に200万円を支払えと要求
  • 判決 賠償額70万円を支払うよう命じた

 

とは言っても…
この事例のように、具体的な損害額が提示されて、裁判所が認めるというのは、稀なケースなようです。

 

入社後4日目で、顧客との1,000万円の仕事をまかされるのもレアでしょうし、
この社員はそもそも、会社を非難するばかりで話し合いに応じなかったのだそう。

 

「○千万円の損害!」と言われたとしても、妥当な金額かどうかは、訴えた側に立証責任があります。

 

立証できないんです、ほとんどの場合。

 

したがって、実際に訴えられる確率は低いと言えるでしょう。

 

ただし、派遣社員のように、労働期間を定めた契約書を交わしている場合は要注意。

 

実際にいくらの損害が出たか、具体的に示しやすいんですね。(客先での時間単価x稼働予定日数など)

 

会社側には顧問弁護士や法務部のような専門部隊がいます。個人ではとても敵いません。

 

でも…泣き寝入り以外の方法もあります。

弁護士に退職を手伝ってもらう方法

会社を退職しようとしたら、損害賠償するぞと脅されたケースは、けっこう増えているようです。

 

一部の弁護士事務所では、退職代行というサービスを行っているんですね。

 

労働基準法を熟知した弁護士が、会社の違法行為などは的確に牽制しつつ、退職を進めてくれます。

 

「社内規約では退職金出るはずなのに、出ないと言われた」
「失業保険のための離職票を書いてくれない」

 

などの脅しや嫌がらせにもバッチリ対処。

 

会社側が法律を持ち出してくるなら、こちらも法律で対処するのが妥当でしょう。

弁護士費用が高そう…

弁護士にお願いしたら、確かにスムーズに話が進みそう。

 

でも…弁護士雇うのって、高いんでしょ?
貯金もないし、支払えないよ…

 

成功報酬制の弁護士事務所もあります。

 

報酬は、退職完了後に得られたお金の中から支払えばいいんですね。(成功報酬 得られた経済的利益の20%など)

 

例えば、こちらの弁護士事務所が、成功報酬制で、退職代行やってます。

 


退職代行 汐留パートナー法律事務所

 

退職代行可能かどうか、メール相談は無料です。

 

もしもこの先、「会社から訴えるぞと言われて、辞められない…」とツライ想いをしたら…

 

退職代行というサービスがあることを思い出して見てください。