指示待ち社員の末路 転職できないSEとは?

転職しないほうがいいSEとは?

私の2次派遣SE時代に、Yさんという同僚がいました。

 

ふっくら太って、人の良さそうな顔のYさん。
あまり余計なことはしゃべりませんが、いつもニコニコしている穏やかなSEさんでしたね。

PC系の優秀なエンジニア

 

Yさんは、個人的にPCサーバとかストレージとかに興味があり、サーバいじりが大好きな人でした。
家に帰っても、趣味でサーバをいじってるような人。

 

振られた作業は的確にこなすし、技術力もある人でした。

 

だけど、長年の派遣SE生活が身にしみてしまったのでしょうか。
Yさんは、「言われたこと以外はやらない」SEでした。

 

「こういう工夫をしたら効率がいいんじゃないか?」というアイデアは、
「余計なことをしないでくれ」と潰され続けてきたのでしょう。

 

Yさんの真面目な性格もあって、
「不要なことをしない」ということが、YさんのSEの根本に出来上がってるんですね。

 

もちろん、SEの確認ミスだとか、コンプライアンス違反がちょくちょく問題になっている今、
余計なことをしないってことは重要な事です。

 

年収がアップしても、転職に踏み切れない

 

私が転職するってことをYさんに話したときにも、
転職にはさほど興味はないようでした。

 

「いいですね〜、私も給料だけ100万円くらいあがらないかな〜」
とYさんは笑っていました。

 

転職?継続? どちらが正解か…

 

少なくとも「このままじゃヤバイ」とはみじんも思っていないようです。
別に悪いことじゃないです。

 

YさんはSEとして見れば、なかなか能力も高いです。
だけど、人の指示がないと動けないまま10年経ったら…

 

いや、それはYさんが考えることですよね。

 

私は2次派遣SEとして10年後、20年後は相当やばい!と思いましたが、案外大丈夫かも知れませんし、転職なんかしなきゃよかったって、あとから後悔するかも知れません。

 

Yさんのように、重たい責任を持つことなく長く仕事ができれば、それはそれで良いことなのかも。