私の出会った最強SE

2次受け派遣のSEとして、プロジェクトに参加していたSさん。

 

非常に優秀なSEさんでした。歳は当時、36歳だったかな。
こんな人が世の中にいたのか?というほど、完成されたSEさんだったんです。

なんでもできる最強SE

 

Sさんはもともと、PCサーバやLinuxサーバのインフラSEさんです。

 

が、色んな所に派遣されて、いろんなことをかなり高いレベルでこなせるようになっていました。

  • 設計、構築、テスト計画、人員リソース割り振り、進捗管理なんでもこなす
  • メインフレーム系の保守
  • シェルスクリプトやPowerscriptでの開発
  • PHPでのウェブアプリ開発
  • VMware
  • メールシステムの構築

 

スキル吸収能力がハンパない人でした。
初めて触れるスキルにも、一週間後にはある程度のレベルに達するほど。
もともと、新しい技術に触れるのが好きな人だったみたいですね。

 

かと言って、タダの技術オタクでもありません。
人当たりもよく、人に仕事を割り振るのも上手でした。
進捗に遅れが出そうなときは、自分が入ってリカバリーしたり。

 

プロジェクトに必須の人材

 

Sさんは、実質上、正社員の上司みたいな立場になりつつありました。
プロジェクトのメインメンバーは、何かとSさんに相談します。

 

Sさんは丁寧に「こうしたらどうですか」と、具体案を出してくれます。
「それ、僕の仕事じゃないんで」なんてことは、絶対に言いません。

 

もう、プロジェクトはSさんナシでは回らなくなっていました。
重要な会議には、かならずSさんが呼ばれます。

 

プロジェクト責任者に呼ばれて、相談に乗ることもしばしば。
Sさんは、誰よりも頼りにされ、誰よりも長時間働いています。

 

Sさんはイケメンではありませんでしたが、女子社員からも頼りにされていました。
恋バナなどの相談(笑)にもちょくちょく乗っていたようです。

 

人の愚痴の聞き方がウマい人でした。

 

Sさん自身は結婚しています。なにか下心があるふうでもなく、
純粋に困ってる人の相談に乗ってあげようという真摯さに、皆心を打たれていたようですね。

 

もちろん男性からも慕われていました。

 

人間的にも、SE的にも、男性としてもすべてが完成された人であるように思いました。
なので、ずっと不思議に思っていたんです。

 

なぜ、2次派遣SEとして働いているの?

 

プロジェクトの節目に皆で飲みに行ったとき、
珍しく酔っ払ったSさんがポロッと言いました。

 

「僕ねぇ~。手取りが24万円なんですよ。
 息子が私立の高校行きたいの我慢して公立受けたのが不憫で…」

 

すっごいびっくりしました。

 

同じ二次派遣SEとして来ていた私よりも、さらに給料が低いだと?
その人の完成度を10とすれば、私なんてくらいです。

 

私は当時、手取りが25万円でしたが、それより低いっていったい何なの?

 

あまりに衝撃的で、この人を24万円でこきつかう会社に怒りさえ湧いてきました。
そして、おせっかいながら、ついつい言ってしまったんです。

なんで転職しないんですか

「あの…Sさんならどんな会社でもやっていけると思うんですよね。」

 

「スキルも高いし、コミュニケーションもうまい、
お金の計算もできるし、人間としての魅力もある。
私が出会った中で、最強のSEですよ!」

 

Sさんは、「いやー、そう言ってもらえると救われるなぁ」
なんて、あごの先の無精髭をいじりながら照れ笑い。

 

すでに転職エージェントと話をして、年収420万→年収600万くらいにはなるだろうと予想していた私は、そのことを伝えようかと悩みました。

 

私でこの金額なんだから、Sさんは年収1,000万円くらいいくかもって思いました。

 

Sさんの不当に安い給料に、怒りさえ覚えていたんです。
他人のことなのに。

 

それほどSさんは魅力的なSEさんだったんですね。

 

そしたら、Sさんがポツリと言いました。

 

「でも、転職って怖いじゃないですか。
 だって、転職したことないし」

 

それだけ。
Sさんが転職しない理由は、ただのそれだけでした。

 

私も転職の怖さはわかっていたので、それ以上言えませんでした。

 

一言だけ、
「転職サイトみたいのに登録すると、ざっくりと年収予想教えてくれるみたいですよ。」
とだけ伝えました。

 

Sさんは
「へぇ~、面白そうだなぁ。今度やってみますよ。ははは」
と力なく笑っていました。

 

その後、私はプロジェクトを離れ、Sさんがどうなったのかはわかりません。

 

私は無事に転職した今も、そのことを少し後悔しています。

 

ただ、結局は本人が決めること…Sさんのことを思い出すたびに、
私はそうやって納得するしかないのでした。

 

私は恐ろしい真理を思い知りました。

 

システムエンジニアの給料が安い理由 年収を上げる方法は

 

「SEとしてのスキルを上げれば給料も上がる」なんてのは、
幻想だったんですね…

SEが転職するなら何歳まで?

「SEに転職できるのは35歳まで…。」

 

誰が言い出したのか、SE35歳まで説をあちこちで耳にします。
実際どうなんでしょう?

 

40過ぎてSE転職成功したひとって居ないんでしょうか?
転職できたとしたら、よっぽどデキる人か、運のいい人?

 

40歳以上で転職した人の口コミ

 

「とてつもなく難しい」と「そうでもない」の2つに分かれそうな感じです。

 

40を過ぎてくると、IT系スキルよりもマネジメント力が求められる傾向もありそうですね。

40歳未経験でSEに転職は可能か?

私がもと居た派遣会社では、40歳で転職してくるSEはたくさんいました。

 

「未経験の人」は居なかったですね。

 

ただし、現場で「別業界のエキスパート」だった人がSE未経験で転職したというケースは見ました。

 

金融系の開発現場で、金融取引にメッチャ詳しかったんですね。元・銀行のディーラーの方だったと思います。

 

金融系は、証券取引、クレジットカード与信、生命保険審査などなど特殊な業務知識が必要になってきます。

 

お客さんの対等に業務系の話が出来るひとなら、SE未経験でも転職できる可能性はありそうですね。

 

あとは…お客さんと強力なコネがある人も、SE未経験で転職してきてました。

 

まとめると、強力な業務知識か、お客さんへの強力なコネがあれば40歳未経験でもSE転職は可能、だと思います。