VR開発の求人

ゴーグルを装着すると、目の前が別世界に。

 

VR

 

そんな世界を可能にしたのがVR(バーチャルリアリティ技術)です。

 

2016年には、ソニー、オキュラス、HTCが専用端末を発売し、ハードウェアが普及しはじめました。

 

業界の規模は、世界で1兆5429億円(2018年時点) 今後もハードの普及とともに、堅調に増加する傾向にあります。

 

VRエンジニアの需要

実はVR、人間にわかりやすく情報を伝えるのに優れた方法。

 

画像や動画を超えた、「空間情報」をパッと人間に伝えることができるんです。

 

現在、主に体全体で感じる、没入感あるゲームに使われています。

 

2016年にソニー(プレステ4VR)、HTC(スマホ用VR)、オキュラス(パソコン用VR)が発売されたことで、VRも一般的になってきました。

 

また、ダンボールにスマホを指すだけで使える簡易デバイスが1000円程度で販売されています。

 

だけど、ゲームだけじゃない。

 

こちら、ドラゴンボールのスカウターを現実にするには?を図にしたもの。

 

ドラゴンボールのスカウター

 

スカウターの場合は、AR技術(視界上に、追加情報を表示する)でしょうか。

 

AR技術の例として、グーグルのスマホアプリ Just a Lineを出しておきましょう。

 

 

↑これができるなら、もうスカウターの表示は可能だろうな…って思います。

 

現在のVRは、ゲーム分野での活用がメインですが、医療、教育、産業などでも注目されています。

 

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは「VRは次のプラットフォームだ」と語っているそうですね。

VRエンジニアに必要なスキルは?

VR分野のSEには、どういうスキルが求められるんでしょうか?

 

スキル

 

「次に望むのはVRだ」と公式サイトにあるグリーの採用情報を見てみましょう。

 

グリーで募集しているVR分野の職種は、3D エンジニアとゲームディレクター。

 

3Dエンジニアの必須スキルは…

・3Dコンピュータグラフィックスの深い知識

・高度なプログラミング技術(C/C++/C#)
・他のチームメンバーや関係者と協力して開発をリードしていける方

 

グリーでは、開発環境としてUnityを使うことが多いようです。

 

Unityは個人でも無料で使えるので、VR分野のSEを目指すなら慣れておいたほうがいいかも知れませんね。

VR求人情報と年収

国内のVRコンテンツ開発会社を紹介します。

 

採用情報

 

コロプラ

白猫VRプロジェクトなどを手がけている会社。

 

コロプラ採用情報

 

募集している職種は、サーバーサイドエンジニア、ゲームプログラマー(モバイルゲームアプリ、VR)など。

 

平均年収)31歳 583万円

 

グリー

モバイルゲームの大手です。

 

グリー採用情報
VRジャンルには力を入れているようです。

 

募集は、ゲーム開発エンジニア(サーバ、クライアント)、共通基盤エンジニア、データエンジニア、VR 3Dエンジニアほか。VRジャンル以外も幅広く人材を募集しています。

 

平均年収)32歳 736万円

 

gumi

日本を始め、各国でVRファンドを立ち上げています。

 

gumi採用情報
サーバーサイドエンジニア、クラアントエンジニア、インフラエンジニア、ネイティブアプリエンジニアを募集。

 

平均年収)34歳 597万円

 

バンダイナムコエンターテインメント

東京都・新宿にVRアトラクション「VR ZONE SHINJUKU」をオープン。プレーステーションVRに「サマーレッスン」をリリースしています。

 

バンダイナムコエンターテインメントの求人情報
募集は、スマートフォンアプリのエンジニアのみ募集のもよう。

VRエンジニアの将来性ってどうなんだろう?

VRにはすっごい興味ある!
働きたい!

 

だけど、転職はじめてで不安すぎ…

 

転職が不安

 

当サイト管理人も、はじめての転職活動のときは不安すぎて、口から内臓が出そうになりました。

 

でも、一回経験すれば大したことないんです。

 

こちら、私がジタバタしながら転職した記録をまとめました。

 

よろしければ、ご参考になさってください。

 

転職のやり方がわからない