python requests/モジュールの活用

python requestsの概要

 

python requestsの概要

Pythonのrequestsは、HTTP通信用のライブラリです。GET、POST、PUT、DELETEなどのHTTPメソッドを使用して、Webサーバーと通信するための簡単なインターフェイスを提供します。

requestsの主な機能は、以下のとおりです。

  • HTTPリクエストの送信
  • レスポンスの受信
  • レスポンスのデコード
  • ヘッダーの設定
  • 認証の設定
  • プロキシの設定
  • タイムアウトの設定

requestsは、WebスクレイピングやWeb APIの呼び出しなど、さまざまな用途に使用できます。

python requestsのインストール方法

Python requestsは、pipコマンドを使用してインストールできます。

pip install requests

python requestsの使用方法

python requestsの使用方法

Python Requestsの基本的な使い方は、以下のとおりです。

import requests

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://www.python.org/")

# レスポンスの取得
text = response.text

# レスポンスのデコード
html = bs4.BeautifulSoup(text, "html.parser")

# タイトルの取得
title = html.find("title").text

print(title)

pythonのrequests get

pythonのrequests get

Python Requestsのget()関数は、HTTP GETリクエストを送信するための関数です。

import requests

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://www.python.org/")

# レスポンスの取得
text = response.text

# レスポンスの表示
print(text)

get()関数の引数は、以下のとおりです。

  • url: リクエストを送信するURL
  • params: リクエストに渡すパラメータ
  • headers: リクエストに渡すヘッダー
  • **kwargs: その他のオプション

params引数には、辞書でパラメータを渡します。

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://www.google.co.jp/search", params={"q": "python"})

# レスポンスの取得
text = response.text

# レスポンスの表示
print(text)

このコードは、Googleで「python」を検索した結果を取得し、そのテキストを表示します。

headers引数には、ヘッダーを辞書で渡します。

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://www.python.org/", headers={"User-Agent": "MyApp"})

# レスポンスの取得
text = response.text

# レスポンスの表示
print(text)

**kwargs引数には、その他のオプションを渡します。

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://www.python.org/", timeout=10)

# レスポンスの取得
text = response.text

# レスポンスの表示
print(text)

このコードは、タイムアウトを10秒に設定して、Pythonの公式ドキュメントのページを取得します。

pythonのrequestsのheader

pythonのrequestsのheader

Python Requestsのheaders引数を使用して、HTTPリクエストにヘッダーを設定することができます。

import requests

# User-Agentヘッダーを設定
headers = {"User-Agent": "MyApp"}

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://www.python.org/", headers=headers)

# レスポンスの取得
text = response.text

# レスポンスの表示
print(text)

ヘッダーは、辞書で指定します。キーはヘッダー名、値はヘッダーの値です。

複数のヘッダーを設定する場合は、辞書に複数のキーと値を追加します。

# AcceptヘッダーとAccept-Encodingヘッダーを設定
headers = {"Accept": "text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,image/webp,*/*;q=0.8", "Accept-Encoding": "gzip, deflate"}

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://www.python.org/", headers=headers)

# レスポンスの取得
text = response.text

# レスポンスの表示
print(text)

ヘッダーの値は、文字列、整数、浮動小数点数、ブール値、リスト、辞書など、さまざまな型を指定できます。

pythonのrequestsのresponse

pythonのrequestsのresponse

PythonのRequestsのresponseは、HTTPリクエストの応答を表すオブジェクトです。

responseオブジェクトには、以下の属性があります。

  • status_code: HTTPステータスコード
  • headers: HTTPヘッダー
  • content: レスポンスボディ
  • raw: バイナリレスポンス
  • elapsed: 応答時間
  • history: リクエストの履歴

responseオブジェクトの属性は、以下のようにしてアクセスできます。

import requests

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://www.python.org/")

# ステータスコード
print(response.status_code)
# 200

# ヘッダー
print(response.headers)
# {'Content-Type': 'text/html; charset=utf-8', 'Cache-Control': 'max-age=86400', 'Content-Length': '7441', 'Date': 'Mon, 18 Sep 2023 15:14:18 GMT', 'Expires': 'Tue, 20 Sep 2023 15:14:18 GMT', 'Server': 'nginx', 'X-Content-Type-Options': 'nosniff', 'X-Frame-Options': 'SAMEORIGIN', 'X-Powered-By': 'Python/3.10.4'}

# レスポンスボディ
print(response.content)
# HTMLの文字列

以下は、responseオブジェクトの例です。

import requests

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://www.python.org/")

# 属性の確認
print(response.status_code)
# 200

print(response.headers)
# {'Content-Type': 'text/html; charset=utf-8', 'Cache-Control': 'max-age=86400', 'Content-Length': '7441', 'Date': 'Mon, 18 Sep 2023 15:14:18 GMT', 'Expires': 'Tue, 20 Sep 2023 15:14:18 GMT', 'Server': 'nginx', 'X-Content-Type-Options': 'nosniff', 'X-Frame-Options': 'SAMEORIGIN', 'X-Powered-By': 'Python/3.10.4'}

print(response.content)
# HTMLの文字列

このコードは、Pythonの公式ドキュメントのページを取得し、そのステータスコード、ヘッダー、レスポンスボディを表示します。

responseオブジェクトは、HTTPリクエストの応答を処理するために使用できます。

たとえば、responseオブジェクトのcontent属性を使用して、レスポンスボディをテキストとして取得できます。

import requests

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://www.python.org/")

# レスポンスボディの取得
text = response.content

# レスポンスボディの表示
print(text)

このコードは、Pythonの公式ドキュメントのページのテキストを表示します。

また、responseオブジェクトのheaders属性を使用して、ヘッダーを辞書として取得できます。

import requests

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://www.python.org/")

# ヘッダーの取得
headers = response.headers

# ヘッダーの表示
for key, value in headers.items():
    print(f"{key}: {value}")

このコードは、Pythonの公式ドキュメントのページのヘッダーを表示します。

responseオブジェクトは、HTTPリクエストの応答を処理するための便利なオブジェクトです。さまざまな属性を使用して、HTTPリクエストの応答に関する情報を取得したり、処理したりすることができます。

python requestsのresponseをjson形式で取得

python requestsのresponseをjson形式で取得

PythonのrequestsのresponseをJSONで取得するには、responseオブジェクトのjson()メソッドを使用します。

json()メソッドは、レスポンスボディをJSON形式でデコードして、Pythonの辞書やリストに変換します。

import requests

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://api.example.com/v1/users/1")

# JSON形式でレスポンスボディを取得
data = response.json()

# 取得したデータを表示
print(data)

このコードは、例のAPIからユーザー情報を取得し、その情報をJSON形式で表示します。

responseオブジェクトのjson()メソッドは、レスポンスボディがJSON形式でない場合、エラーが発生します。

レスポンスボディがJSON形式でない場合、responseオブジェクトのcontent属性を使用して、レスポンスボディをテキストとして取得できます。その後、JSONモジュールを使用して、テキストをJSON形式に変換できます。

import requests
import json

# GETリクエストの送信
response = requests.get("https://api.example.com/v1/users/1")

# レスポンスボディの取得
text = response.content

# JSON形式に変換
data = json.loads(text)

# 取得したデータを表示
print(data)

このコードも、例のAPIからユーザー情報を取得し、その情報をJSON形式で表示します。

タイトルとURLをコピーしました