python グラフ/初心者のプロットのpyplotの描画

Pythonでのグラフ描画

Pythonでのグラフ描画
Pythonでグラフ描画を行うには、「Matplotlib」というライブラリを使う方法があります。

Matplotlibを使用することで、折れ線グラフや棒グラフ、円グラフ、散布図など様々なプロットを簡単に描画可能。

線の色、スタイル、ガイドの付加などをカスタマイズすることもできます。

Matplotlibの使い方

Matplotlibの使い方

Matplotlibは、Pythonでグラフを描画するためのライブラリです。折れ線グラフ、棒グラフ、円グラフ、散布図など、さまざまな種類のグラフを描画できます。

Matplotlibの使い方は、以下のとおりです。

  1. Matplotlibをインポートする
  2. グラフを描画する
  3. グラフを表示する

Matplotlibをインポートする

Matplotlibをインポートするには、以下のコードを実行します。

import matplotlib.pyplot as plt

グラフを描画する

グラフを描画するには、plt.plot()関数を使用します。plt.plot()関数には、x軸の値とy軸の値を指定します。

x = [1, 2, 3, 4, 5]
y = [2, 4, 6, 8, 10]

plt.plot(x, y)

このコードは、x軸に1から5までの値、y軸に2から10までの値をプロットします。

グラフを表示する

matplotlibのグラフを表示する

グラフを表示するには、plt.show()関数を使用します。内部的にグラフが作成されてても、show()関数を使わないと表示されないんですね。

x = [1, 2, 3, 4, 5]
y = [2, 4, 6, 8, 10]

plt.plot(x, y)
plt.show()

Matplotlibの基本的な使い方

Matplotlibの基本的な使い方は、以下のとおりです。

  • plt.plot()関数でグラフを描画する
  • plt.xlabel()関数でx軸のタイトルを指定
  • plt.ylabel()関数でy軸のタイトルを指定
  • plt.title()関数でグラフのタイトルを指定
  • plt.show()関数でグラフを表示

Matplotlibの便利な機能

Matplotlibには、さまざまな便利な機能があります。

  • グラフの色や線のスタイルを変更する
  • グラフに注釈を追加する
  • グラフを保存する

これらの機能は、Matplotlibのドキュメントで詳しく説明されています。

Matplotlibのサンプルコード

Matplotlibのサンプルコード

Matplotlibの例をいくつか紹介します。

  • 折れ線グラフ
x = [1, 2, 3, 4, 5]
y = [2, 4, 6, 8, 10]

plt.plot(x, y, color="red", linestyle="-")
plt.xlabel("x")
plt.ylabel("y")
plt.title("折れ線グラフ")
plt.show()
  • 棒グラフ
x = ["A", "B", "C", "D", "E"]
y = [10, 20, 30, 40, 50]

plt.bar(x, y)
plt.xlabel("x")
plt.ylabel("y")
plt.title("棒グラフ")
plt.show()
  • 円グラフ
labels = ["A", "B", "C", "D", "E"]
values = [10, 20, 30, 40, 50]

plt.pie(values, labels=labels)
plt.title("円グラフ")
plt.show()
  • 散布図
x = [1, 2, 3, 4, 5]
y = [2, 4, 6, 8, 10]

plt.scatter(x, y)
plt.xlabel("x")
plt.ylabel("y")
plt.title("散布図")
plt.show()
タイトルとURLをコピーしました